what’s TOMORROW HOUSE

Designer 田中 孝(タナカ タカシ)と、Architect 井料 晃暁(イリョウ テルアキ)による建築・デザインユニット / 有限会社TOMORROWがプロデュースする住宅です。

毎日を楽しく笑顔でそして居心地の良い空間で過ごしてもらえる事を一番に考えて 素材・空間・安らぎ・安心をデザインしています。こだわりのライフスタイルを、安心で快適な住まいを、私達とお客様とで共創する家づくりをしませんか?

concept

オーダースーツを仕立てるように

ハウスメーカーなど一般的な住宅会社の家づくりは、自由度の少ない、どこか出来合いなものに感じられます。棟数受注の競争による生産性や収益優先の産業化がされており、お客様目線の家づくりからずれてしまっているように思います。

私たちは、個々の家族の想いをカタチにする為、一軒一軒、じっくりとお客様と向き合い、オーダースーツを仕立てるようにピッタリとフィットした家づくりを心掛けています。お客様との出会いを大切に、自由な発想と細やかな設計でトコトンこだわりたい、家づくりのお手伝いをします。

For your Tomorrow

ONLY ONE DESIGN -唯一無二の設計-
お客様にとっては、一生に一度の家づくり。間取りやデザインで後悔するようなことは絶対にあってはなりません。一般的な住宅会社では基本ベースの間取りからの変更プランや、現地を確認しない設計者、あるいは建築の知識に乏しい営業マンが図面を引いていたりと住宅業界に疑問を抱いておりました。間取りはお客様の生活スタイルや将来の変化、近隣の状況・地域性、すべての要素を加味し創造するものであり、それは単純に出来る作業ではありません。
私共のデザインには全て理由があり不変のもの。たとえ世代が変わっても、デザインが生き続ける、そんなお住まいを創造していきます。
HIGH QUALITY -高い品質-

高い耐震性能、高気密高断熱の家造りを基本に、設備・仕様についても快適性、高いデザイン性、サスティナブル性をテーマに厳選しております。

FAIR PRICE -適正な価格-

当社では、低コスト・高性能を実現するための独自ルールを設けています。まず、営業という役職を置きません。各プロフェッショナルが直接ご対応するのは当然の事であり業界の知識のない人を置くほど人件費の無駄はないからです。建材選びにおいてもメーカー直接発注による大幅な仕入れコストの削減、長期的に使用可能な材料の使用によるメンテナンスコストの軽減にも取り組んでいます。無駄なコストをそぎ落とし、お求めやすい価格で高品質な注文住宅をご提供しています。

Q&A

当社では、お客様が ”想い描く理想の住宅” を手に入れて頂く為に様々なサポートをさせて頂いております。

これから家を建てたいと思っているが、何から始めたらいいのか分からないのは、一生に何度も経験できることではないので当然です。そのために我々専門家がいるのです。

オシャレなデザインで、自分だけのどこにもない家に住んでみたい。でも、設計事務所って憧れるけれどハードルが高くて、コストもかかりそうというイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、そうではありません。どんな些細なことでもご質問いただければと思い、参考に『建築家との家づくり・住宅設計』について、Q&A方式でまとめました。

Q 設計事務所とハウスメーカーの違いは?

1)ハウスメーカーでは、『建物を建てる・注文住宅を買う』という基本の考えについて、家(建物)を「商品」として考えています。
「商品」ということは、少しでも多くの利益・利潤の追求が最も大切な事です。一方、建築家は、家・住宅(建物)を「作品」として考えています。お客様と一緒に、世界に一つの作品(お施主様に合う建物)に愛情を注いで、ひとつひとつ思いをこめています。家づくりは人生のうちで、もっとも楽しく思いのこもったイベントの一つです。
そんな楽しみを無駄にして出来合いの家ですませるのは、とても もったいないです。家は商品の様に「買う」ものではなく「つくる」ものです。

2)ハウスメーカーでは、『建物費用』について住宅のモデルルームの展示場の諸経費、テレビ・出版物等の宣伝・広告料、営業マンの経費、本社経費等含まれており、 実勢価格におおむね数割り増しの上乗せ額が、お客様の購入価格となります。

Q 建築家・設計事務所との家づくりは、難しくありませんか?

ご心配されずに、建築のプロである建築家にお任せいただければと思いますが、ハウスメーカーの住宅展示場、建売の注文住宅のような具体例がないため不安に思われるのも無理はありません。

まずは新しい住宅への要望を建築家にしっかり伝えるため、家族で話し合いをし、イメージを固めましょう。「家族構成やそれぞれのライフスタイル」「新しい家への要望」をメインに思うままに書き出してください。イメージがうまく固まらないときは、現状の生活の不満点を挙げるのも良いでしょう。今の生活を見つめ直すことで新しい住まいへの要望が見えてくることもあります。真の住宅設計をご希望なら、建築家との家づくりもぜひお考えください。

Q 予算を低く抑えたいのですが…

建物・住宅本体の一坪当たりの最低工事金額の目安は、施工床面積・施工内容・工法・敷地条件・法律などにより異なるため、一概に一坪当たりに○○万円とは表現できません。過去の実績のもと、お客様と相談しながらプランニングしています。

◇ ローコストの家(住宅)を建てる住宅設計のポイント

1.簡単・単純で効率的な平面にする。
2.贅沢・豪華な設備は、なるべく後回しに、完成後、資金に余裕が出来てから再考する。
3.建物の構造体など後からやり変え・変更できない箇所は、節約せず対処する。
4.工事中の追加変更工事は、できるだけ最小になるように、設計段階から打ち合わせをする。
5.仕上げ材などは、手間をかけない素材を使う。

新築の住宅の場合、平面計画(部屋の間取り)はお客様のご意向を優先しますが、それ以外の多岐にわたる建築項目や仕様レベルなどはお客様でご予算内でまとめるのが困難なため、当方にお任せ頂いています。
リフォーム工事の場合、解体後に建物の対処方法を検討する場合が多く、当事務所と業者の意思疎通を円滑に図る為、当事務所が認めた施工技術を誇る業者に施工を依頼しています。

Q 設計依頼は、県外でも可能でしょうか?

はい、可能です。遠方でも、LINEやメールなどのお客様と連絡の取れやすいツールを利用し、綿密な打ち合わせを心がけております。

member

Architect / 井料 晃暁(イリョウ テルアキ)

戸建て住宅だけに拘らず、店舗設計や大規模建築(高層マンション、商業ビル)など幅広い容で建築業界にて20年に渡り携わって参りました。凝り固まった提案ではなく、柔軟な発想で、より良いお住まいをご提案していきます。

Designer / 田中 孝(タナカ タカシ)

主に百貨店や複合商業施設の店舗設計、住宅設計やリノベーションなどのインテリアデザインを軸に、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、ウェブデザインなどジャンルにとらわれないデザイン業務を行っております。